手続きのご案内(1.休会)

【1.休会手続き】

休会期間中は、継続会員様との公平を維持するため、レッスンを受講することはできなくなっておりますので、ご了承下さい。
※休会日に過去の日付を指定(払い戻し)することはできません。
 必ず休会日の3営業日前までにご提出下さい。 休会は、原則として2ヶ月(スキップ2回)までとなります。
また、複数回適用の場合、1年間でご利用いただける通算月数は4ヶ月までとなります。
[休会のご連絡] ※お客様にて

まずは、メールにて english@prominent-biz.jp までご連絡下さい。
件名は「リアル英会話休会届」とし、下記についてお知らせ下さい。
 ①受講者番号(予約システムにログインする際のIDです。)
 ②お名前
 ③休会開始日(最初にスキップする支払日)
 ④スキップする支払回数(初回を含め最大2回)
 ⑤休会理由

ご連絡いただきましたら、残チケット数や受講履歴等のデータは、すべて復帰時のために保存いたしておきます。
休会手続をとりましても、もともとの次回課金予定日前日までは、チケットをご利用になれます。
残ったチケットの有効期限は、スキップが終了し、自動課金が始まった段階で、[スキップした回数×月数] をチケットの有効期限に加算いたします。

つまり、休会開始時点で残っているチケットの有効期限が、そのまま復帰時に残ります。

たとえば、1月11日に休会開始としまして、その時点で、2月10日まで有効の10枚のチケットが残っていたとします。
2ヶ月後の3月11日に復帰したとしますと、10枚のお預かりチケットの有効期限は4月10日までとなります。
(新たに発行される方のチケットの有効期限は5月10日です。)
スキップせずに1月11日を迎えた場合と、その時点での保有チケットの状況はまったく同じということになります。

[カード決済のキャンセル]
休会中は、カード決済が止まるわけではありません。
毎回、いったん課金処理が走った後に手作業でカード決済の差し戻し処理を行い
同時に発行されたチケットの削除手続きを行います。(2-3営業日内に手続きいたします。)

※ご承知の通り、弊スクールでは、翌月分のチケットを先付けで予約発行しております。
 いったん課金処理が走ることで、翌月分のチケットが自動発行されます。
 その後に決済されたご料金の差し戻しを行います。
 このことにより、復帰日の前にチケットが発行された状態となり、復帰日の5日前には、
  復帰日当日のご予約ができますので、スムーズに復帰していただくことが可能となります。
 

休会のまま退会される場合は、まことに恐縮ですが、「カード決済手数料(往復分)」
相当分を最終返金の際に差し引かせていただきます。
あしからずご了承下さいませ。
回数は、休会回数+1(退会時精算分)となります。
・集中プラン 2,580円 /回
・標準プラン 1,420円/回
・ゆっくりプラン 810円/回
例)標準プランで2ヶ月に休会後にそのまま復帰されずに退会される場合、
  1,420✕3=4,260円を退会時に精算させていただきます。

※休会復帰は必ずお支払いの再開とセットになります。休会期間中に決済/返金手数料が発生しますので先に休会復帰だけを行い、セットになるお支払いを停止させることはできません。

PayPal自動課金のスキップ処理(差し戻し処理)の手続きは弊社の方で行います。
お客様の方でキャンセル等を行いますと、データに不整合が生じることがございますので、お任せ下さるようにお願い申し上げます。
[復帰時のお手続き] 休会届でいただいたスキップ回数どおりの場合は、とくに連絡の必要はございません。
スキップ回数に達しますと通常どおりの継続課金となります。
予定よりも早くに復帰される場合は、メールにて english@prominent-biz.jp までご連絡下さい。
件名は「リアル英会話復帰届」とし、下記についてお知らせ下さい。
①受講者番号(予約システムにログインする際のIDです。)
②お名前
③復帰日(1ヶ月ごとの課金のタイミングとなります。)
※タイミングがずれる場合も別な方法で対応は可能ですので、その場合はご相談下さい。

また、復帰タイミングを延長したい場合は、再度「リアル英会話休会届」を送信いただき、
休会理由欄にその旨をお書き加え下さい。

 

←手続き案内に戻る

コメントは受け付けていません。