C. 医療英会話コース

 

なぜ「医療英会話」が必要なのでしょうか?

 

その一つの理由は、外国の方に医療や医薬処方等に関するお話しをする機会が、今後増えると見込まれているからです。

法務省データによれば、平成12 年度に約500 万人だった外国人入国者数は、平成22年度には944.4万人と10年間でほぼ倍増しています。

 

あなたが今、海外にいて、急な体調不良や負傷を負って、海外の病院を訪れたと想像してみてください。

痛みの場所も、症状も伝えられない・・・。

そんなときに、日本語を話せるスタッフがいたらどうですか?

とても安心でき、落ち着けるのではないでしょうか。

その気持ちは、海外の方が来日しているときも同じです。

 

 東京オリンピックの開催が決まったことも手伝い、今後外国人入国者数はますます増加するでしょう。

医療そのものものですが、医療関連ビジネスのチャンスも増え続けるでしょう。

それらの上昇に伴い、医療英会話のニーズも、より大きなものとなります。

 

医療現場のシーン

 

リアル英会話の講師には、名門大学の看護学科の元教授、元講師、さらには臨床医の資格を持つ者や、看護師の免許を持つ者がいます。

だからこそ、『使える医療英会話』が学べるのです。

 

以下のような方に、お役立ていただけます。

◆医師、看護師

◆医学生や看護学生

◆整体、カイロ、マッサージなどの施設経営者

◆スポーツトレーナー

◆医薬品や医療機器のメーカーや商社などに勤務する方

◆薬局経営者や薬剤師

 など

 

医療専門用語や医療関係のシーンにもとづいた実践的な会話を数多く経験いただくことで、大きな自信を得ていただき、活躍の舞台を世界に広げていただければと思います。

 

コメントは受け付けていません。