よく頂戴する質問

1. スクールについて

Expand allClose all

スクールの特長を簡単に教えて下さい。

ミドルクラスの料金でハイクラスのレッスンをご提供させていただいております。

決して「激安」スクールではありませんが、「割安価格」で最高のパフォーマンスが得られるように努めております。

人事コンサルタントが直接講師を採用し、教育を施しています。

レッスン内容としましては、「会話力の向上」にフォーカスしておりますのが最大の特長です。

これにつきましては、別の項で詳しくご説明しますが、「会話」する力をつけるためには、「会話」そのもののトレーニングが必要との考えにもとづき、どのコースのレッスンにおきましても、ことあるごとに「会話」や「ディスカッション」の機会を作るようにしております。

Permalink.

このスクールの対象は中級以上ですか?

このサイトでいろいろと熱の入った持論を展開しておりますので、上級向けとか、中級以上の方が対象だと勘違いなさるかもしれませんね。

確かに、「リアル英会話」の「リアル」は、「ホンモノ」、「本格派」と意味で、講師は「ホンモノ」、レッスン内容は「本格派」です。

それに間違いはありません。

ですが、むしろ、いろいろな教材やメソッドに染まっていない初級あるいは初心者の方のほうが、ムダな回り道をせずに、まっすぐに効率のよい方法で学んでいただけると思っています。

要は、初級の方であろうが、上級の方であろうが、必要なことは一つだけです。

それは、「会話の練習」をするということです。

それが唯一の英会話の上達法だと信じています。

Permalink.

短期語学留学制度の利用方法について教えて下さい

航空券および宿泊に関しましては、ご依頼いただければ細かく予約方法をアドバイスさせていただきます。

レッスンにつきましては、通常時と同じように、チケットを使用して事前にオンラインで予約していただく形となります。(日本でレッスンをお受けになられる場合とまったく同じです。)

もちろん、事前にご依頼いただければ、事務局で一括して予約を入れることはできます。

 レッスンチケットが足りない場合は、スポットでご購入いただくことも可能です。料金は月額の場合と同じです。12枚、24枚、48枚の3種類があります。余った場合は、残りは通常のオンラインレッスンで使用することができます。

講師が事務所を出る時間から事務所に戻る時間までがチケット消化の対象となります。(50分ごとに1枚チケットが消化されます。)交通費が掛かる場合は、その都度精算させていただきます。

私どもは余分な利益をお取りしませんので、トータルのご予算は、一般の留学事業をされている会社に比べて、とてもお安くなると思います。

Permalink.

休校日(祝日等)を教えて下さい。

基本的には以下の通り年間3日だけとしております。
変更がある場合は、都度会員様向けのサイトで告知いたします。

日程 内容
1月1日 元旦
12月25日 キリスト教クリスマス
12月31日 大晦日

 

フィリピンには年間25日以上の祝日があり、毎年増える傾向にあります。
弊スクールでは、お客様の利便を第一に考え、1/1、12/25、12/31の3日だけを休校日とさせていただき、
それ以外の日はオープンといたします。

ただし、祝日に労働を強要することはフィリピンの労働法に抵触いたしますので、実際に出勤するかどうかは、
あくまで、講師の判断となります。(祝日労働は、法律上、給与が倍額支給となります)

クリスマスや年末年始の前後は、出勤する講師の数が少なくなることも予想されますので、あしからずご了承下さいませ。

Permalink.

レッスンを受講可能な時間を教えて下さい。

以下の通りとなります。(日本時間での表記です。)

 15:00 ~ 24:00

 

Permalink.

早朝レッスンを受講したいのですが、対応の予定はありますか?

早朝レッスンにつきましては、昨年末の開業当初からの目標ではあります。

弊社スタッフが、実際にいくつかの同業他社様に受講生として入りまして、おおよその時間帯別の需要データもつかんでおります。

ですが、まことに申し訳ございません。現状のところ、いつから開始できるかというお約束ができる段階にはありません。

まだまだ弱小スクールの域を出ませんので、シフト体制が組めるだけの講師数の確保が難しい状況にあります。

早朝レッスンの一日も早い実現に向けて、応援いただければありがたく存じます。

Permalink.

講師の数がまだ少ないですが、増員の予定はありますか?

時間帯別、曜日別の予約状況は常に監視しております。

予約状況が混雑する場合は、お客さまに迷惑が掛からないように、増員をいたします。

講師をレッスンできる状態にトレーニングするのに平均で1ヶ月掛かりますので、当然ながら、早い目に手を打ってまいります。

Permalink.

コメントは受け付けていません。