【5】 最後に(まとめ) その6

ほとんどの人が迷路にハマってしまっています。
何をやっていいのか分からないし、いつまで続ければいいかも分からない。
先が見えない・・・だから安易な方法に逃げ込みたくなる。
いろんなショートカット法の教材に手を出しては・・・「挫折」。
その繰り返し。
そう、私自身が苦しんだ「負の連鎖」、「アリ地獄」です。

英会話上達の決め手は、決して「記憶」ではありません。
「勉強」とか、「学習」という言葉も似合いません。
英会話は習うものでも、勉強するものでもないということです。
一言で言い表すと「吸収するもの」です。
「勉強」になってしまいますと、つらいものになってしまいます。
意味もなく単語や構文・文法、役に立つフレーズや言い回しを憶えることは苦痛でしかありません。

タッピングの章でご説明いたしましたが、どんなジャンルであっても、楽しみがなければ上達しません。
スポーツもそうだと思います。
端から見ていて厳しい練習でも、本人にとっては、楽しいからやれるのです。

コメントは受け付けていません。