【5】 最後に(まとめ) その28

マスコミが一部のマイナス部分だけを大きく取り上げるため、私たちは、必要以上に自信を失ったり、臆病になったり、マイナス思考になったりしていますが、全体としてみれば、こんなに「底力のあるすごい国」は他にありません。

(日本全体にタッピングが必要かも知れません ^^)

海外からの評価や信頼、期待も、私たちが思っているレベルの遙か上にあります。

確かに、どこまでいっても満足しない、トコトンよりいいものを追求しようとする気質が、世界最高と言われる製品・サービスの品質や性能、機能、耐久性を産み出す原動力になっていることは、事実としてあると思います。

しかし、卑下するばかりでなく、誇らしげにアピールすることも、国際社会でうまく付き合っていく上では必要ではないかと思うのです。

 

私自身も、子どものころから、欧米の文化に憧れて育ちましたし、正直、ずっと不満ばかりで、近年まで自分の国があまり好きではありませんでした。

居酒屋で同僚とよく自虐的な会話をした記憶があります。

 

しかし、外から日本を見るようになって、今では、実は日本こそが「パラダイス」に一番近い国ではないだろうかと考えるようになりました。

コメントは受け付けていません。