(7) 苦手意識を一瞬で吹き飛ばす「タッピング」 その2

いろんな人が、あなたを陥れようと、あの手この手で罠を仕掛けてきます。

マーケティング(集客)の常套手段には、潜在顧客にファンタジー(夢)を感じさせることか、不安や恐怖を植え付けたりすることのいずれかしかありません。

「◯◯するだけで・・・」、「◯日でペラペラになります」の部類は、ファンタジーの訴求で、「◯◯しないと・・・」、「◯◯していたのでは通じません」の部類は、不安の訴求です。

人を不安にさせることは、確実に売上につながります。

 

・文法にしっかり準拠しないと伝わらない

・ネイティブがよく使う現代流の言い回しに則らないと、古くさい英語になる

・間違いだらけの英語を使うのは日本人の恥

・和製英語はナンセンス。バカにされる。

・発音がきれいでないと、まともなコミュニケーションができない

・頭の中で日本語に置き換えてから英語を理解したり話したりしたのでは、
 「英語脳」が発達しない

・TOEICや英検で高得点をとらないと英語は話せない

 

上の中で、一つでもあなたが正解だと思っていることがあるのなら、あなたはもうすでに誰かの術中に嵌まっています。

ムダなお金を使うだけならまだいいのですが、越えられない壁やハードルをつくることで、コンプレックスを抱いてしまいます。

コメントは受け付けていません。