( 2 ) シミュレーション・トレーニング その1

 

次に、私自身が昔よくやったお金の掛からないオリジナルトレーニング法の中で、1人ででもできるものを、いくつかご紹介します。

 

最初は、シミュレーション・トレーニングです。

独りで目の前に相手がいると思って会話のシミュレーションしてみて下さい。

歩きながらや、あるいは電車に乗っていて、外の景色を見ながらでもシミュレーションは可能です。

今、目の前にあるもの、あるいは起こっていることを相手に説明するつもりで頭の中で文章を生成して伝えているシーンをイメージしてみて下さい。

 

「今電車は渋谷駅に到着しました。たくさんの人が乗り込んできたので、車内はすし詰め状態です。息苦しくて死にそうです。」とか、「先ほど、8:18発新宿行きの電車に乗りました。人身事故のため、少し遅れています。会社に間に合うかどうか心配です。」みたいなことを英語で行う「実況中継」です。

しばらく続けてみると、だんだんと文を作ることが苦痛に思えなくなります。

 

シミュレーションは本当にどこででもできます。

とくに電車やバスに乗っているときは景色が変わるので、結構ネタに困りません。

答えがあっているかどうか、その場では気にせず、説明できなかったことを後から辞書とかで確認します。

あまりたくさんやると疲れますし、時間が掛かりますので、1日1~3ポイントずつ確認します。

コメントは受け付けていません。