(2) 発音は最重要課題? それともファッション? その2

さて、ここで、グローバルリーダーである何名かの日本人の英語スピーチを聴いてみることにしましょう。

下記にいくつか挙げてみましたが、これらに限らず、ご自身で検索して参考にしてみるのもいいかも知れません。

(それぞれのお名前の上にリンクが貼ってあります。)

どうでしょうか?

彼らの発音は「ネイティブ並み」にすごいと感じましたか?

流暢な方もいらっしゃいますが、それでも「日本語訛り」がはっきり残っていますよね?

やたら不安を煽る輩がいます。

日本語訛りの英語では通じないとか、和製英語に気をつけろとか。

ですが、そんな脅しに乗ってはいけません。

彼らは不安を煽って、自分たちの利益にしたいだけです。

本を売ったり、ブログに誘導して何かの商材を売ったり・・・。

日本人の英語コンプレックスを助長しているだけで、読者に何の利益も与えていません。

彼らの罪は非常に重いと私は思っています。

ただの「あげ足とり」あるいは、器が小さい人か、中身で勝負ができない人のたんなる「負け犬の遠吠え」に過ぎません。

外国人から直接「あなたの発音は悪すぎて理解できない」と言われたのなら納得しますが、そうでないのに、何も同じ日本人から言われたくはありませんよね?

コメントは受け付けていません。