( 2 ) シミュレーション・トレーニング その2

ポイントとしましては、必ず自分自身の「感情」を入れるということです。

感情がないと、ただの小学生の作文レベルになってしまいます。

今、何を感じているのか、何を伝えたいのか、「会話の主旨」を強く意識しながらシミュレーションしてみて下さい。

 

good, bad, fine, happy, glad, exited, grateful, nervous, embarrassed, irritated, annoyed, bothered, worried, afraid, anxious, sorry, sad, upset, disappointed, don’t care, don’t mind ・・・感情を織り交ぜながら頭の中でやりとりをシミュレーションしてみて下さい。

 

また、できれば、相手の反応もイメージする方が効果的です。

 

「会話」とは、必ず「感想」、「印象」、「意見」、「気持ち」、「憶測」、そういったものが含まれ、

「個性」が発揮されるもの です。

事実をたんたんと伝えることではありません。

 

日本語での会話シーンをよく思い出してみて下さい。

今日、家族や友人、同僚と何を話しましたか?

感情を伝える — それにより相手の反応があります。

こちらも相手の話に反応します。

同調・同情して、ときには涙ぐんだり、また反論したり、ときには激高して論争となり、ののしりあったり・・・。

 

お互いの感情の動きまで、イメージしてみて下さい。

ただの妄想だと思われかも知れませんが、

妄想でいいんです

リアルであればあるほど、会話術が定着していきます。

コメントは受け付けていません。