TOEICは英会話力のバロメータ?

 

求職活動をされた方ならよくお分かりと思いますが、外資系の会社の求人はとても多いです。

そして、給料も、日本企業より、およそ2割くらい高いですよね?

でも悲しいかな、募集要項を見ますと、「ビジネスレベルの英語力」とか、「TOEIC 800点以上」とか書かれています。

 

それからすると、ビジネスレベルの英語力 = TOEIC800点以上
ととらえてしまいます。

 

おそらく、TOEICテスト以外に英会話力を測る拠りどころがないのでしょうが、そもそも、「英語力」と「英会話力」は決定的に違います

TOEICテスト 900点以上の高得点者でも喋れない人は5万といます。

現に、リアル英会話の会員様の3割程度はTOEICテストの点数が 800点以上の方です。

 

TOEICテストのスコアカード

 

そのようなTOEICテストの高得点者に英会話スクールは必要ないのでは、と思いますか?

 

でも、ボキャブラリーが豊富で文法が理解できても、十分には喋れないのが現実なのです。

これはすなわち、「実戦での練習不足」が原因です。

 

私(リアル英会話代表)は、現にフィリピンでビジネスをしているのですから、「ビジネスレベルの英語力」を発揮していることに違いはないでしょう。

銀行口座の開設、法務局・役所・社会保険事務所等の手続き・交渉、オフィスや自宅マンションのレンタル、インターネット回線の手続き・交渉・不具合時のクレーム、取引先との様々な契約、従業員の面接・採用や教育などなど、当たり前ですが、すべて英語で行っています。

 

しかしながら、保有しているTOEICテストの点数は、670点です。

安心しましたか? (笑)

 

実際の会話でとにかく大事なことは、「瞬時に自分の思っていることを主張する」ということです。

30秒後でも10秒後でもダメなんです。

 

そのためには、「会話のための練習」を積むしかないのです。

 

コメントは受け付けていません。