当スクールレッスンの特長

 

突然ですが、「英会話が上達したい」とお思いのあなたに質問です。

「英会話」の「会話」ってなんだと思いますか?

 

・・・・・?

 

実は、私たちの「会話」は、英語であれ、日本語であれ、その構成要素の大部分が、「感想」、「意見」、「推測」、「憶測」、「根拠」、「理由」等で成り立っています。

これらがなければ「会話」は成り立ちません。

 

そこにテンプレートは機能しません。

 

テンプレートは他人が作ったもので、「会話」は「自分の意見」を述べるものです。

その瞬間に頭に浮かんだことを、瞬時に自分の言葉で表現することが求められるのです。

 

「英語力」と「英会話力」もまったく違います

 

TOEIC 900点以上の高得点者でも喋れない人は5万といます。

現に、当スクールの受講生様の3割くらいはTOEIC 800点以上の方です。

ボキャブラリーが豊富で文法が理解できても、十分には喋れないのが現実です。

これはすなわち、「実戦での練習不足」が原因です。

 英会話の実践シーン

 

オンライン英会話スクール「リアル英会話」は、「会話」そのものにフォーカスしています!

 

「会話力」をつけるためには、「会話」の練習こそが必要であると考えて運営しております。

 この点で、他の多数のスクール様と決定的に違います。

 

テキストを使うレッスンでも、テキスト通りにエクササイズを行うのではなく、随所に「会話」や「ディスカッション」を盛り込んで進めます

「会話」本来の練習を行っていきますと、最初のころは、「えーと」とか「ちょっと待って」とか言って、30秒くらい考えてから答えていたのが、数秒で答えられるレベルへと、だんだんと短縮されてまいります。

 

さて、もう一つ質問です。

 

あなたの周りに、オンラインあるい市中のスクールに通って、実際に英語が喋れるようになったという人はいらっしゃいますでしょうか?

 

私(リアル英会話代表)は人事の専門家ですが、多くの仲間が会社から補助金をもらって英会話スクールに通っていましたが、残念ながら、誰一人として喋れるようになった人間はいませんでした。

他社の人事担当者とも交流がありますが、皆揃って同じことを言います。

 

つまり、テキスト通りに進むレッスンでは100人のうち、おそらく95人以上は会話力がつかないだけで終わります。

 

リアル英会話では、「英語で自分の考えを瞬時に頭の中で作る」ことができるように徹底してトレーニングするお手伝いをさせていただいております。

 

「会話」の練習なくして「会話」が上達する道理がないのです。

 

コメントは受け付けていません。