3. コンサルタントが行う徹底した講師教育

 

一流会社の教育制度をいくつも手掛けてきた人事のプロが教育体系を設計しています。

 

もちろん、英語教育そのものについてのトレーニングも行いますが、それだけではありません。

リアル英会話の顧客はすべて日本人です。他社のように中国人や韓国人は対象にしません。

コミュニケーション度合いを深めるためには、日本の文化や歴史、産業、日本的なものの考え方等について深く理解してもらうことが必要だと考えています。

「共通の話題」が増えれば、レッスン自体も楽しく、有意義なものとなります。

 

 トレーニングの重要性イメージ

 

また、どこのオンライン英会話スクールでもビジネス英会話のコースを持っています。

ですが、実際に講師の方に事業会社でのビジネスの経験やマーケティングやコストコントロールを始めとする事業計画、運営に関する知識があるかというと、まずありません。

つまり、「英会話」の部分はカバーできても、「ビジネス」の部分はカバーできないのです。

それでは会話自体に膨らみが出ませんし、双方の認識に齟齬が生じます。

 

そこで、リアル英会話では、コンサルタント会社としての経験を活かし、代表を始めとする経験豊富なスタッフが毎月現地に赴き、講師たちを対象に「ビジネススクール」を展開します。

 

私どもは、人材には積極的に投資していきます。キャリアディベロップメントを推し進めます。
たとえ講師たちが、将来弊社を離れても、ビジネス社会で生き抜いていくのに十分な教育を施していきます。

まさに、「のれん分け」を美学とする古来からの日本企業のものの考え方です。

それが弊社のフィリピン共和国における社会的役割だと認識しています。

  

はっきりと申し上げておきますが、この研修は一般の企業様では到底実施不可能なレベルの内容です。

内容は詳しくは申し上げられませんが、次のようなものです。

日本に関する講座・・・日本の歴史、地理・自然、国民、法、政治、社会制度、国際関係、文化、生活、美術工芸、科学技術、経済、産業、交通、時事問題、企業、企業戦略、広告、生産方式、情報ストラテジー、コストコントロール、ビジネス慣習、契約など。

経済・経営学講座・・・経営戦略論、マーケティング論、国際ビジネス論、経営管理論、経営情報管理、生産管理、マクロ経済学、国際経済学、経済成長論、貨幣理論、近年の世界的な経済事象(三大経済ショックとその世界的影響など)。

 

 一般の会社がこのような研修を外注に出せば、莫大な費用が掛かります。

ですが、弊社の場合は自前で行えるので、最小限にコストを抑えることができるのです。

 

オンライン英会話講師教育・セミナーのイメージ

 

それだけに留まりません。さらに、毎年、一定割合の講師たちを日本に招き、日本国内での研修を行います。 

そこでは、いくつか最先端工場におけるジャストインタイム生産方式、生産管理、生産技術、コスト管理などを見て学びます。

日本の本当の強さの源泉である中小企業のいくつかも見学します。また、オフィスビル、インフラ、施設、マーケットなども見学し、日本の生活シーンを実際に見て、小売り、サービス業や交通機関を体験してもらいます。

研修を通じてレベルアップしてもらうことはもちろん、研修に選抜されることがモチベーションアップに寄与することを狙います。

 

オンライン英会話スクール「リアル英会話」は、講師たちとともに常に進化し続けます。

 

もし、仮に今、あなたが、リアル英会話のレッスンに不満を抱いたとしましょう。でも、1年後にもう一度訪れてみて下さい。

きっと、その進化に驚かれるに違いありません。

講師、お客さまとともに進化・成長し続ける、それが「リアル英会話」なのです。

 

コメントは受け付けていません。