【5】 最後に(まとめ) その15

最後に、しつこいようですが、もう一度言わせていただきますね。

英会話は英語を使用した「会話」です。

英語であろうが、日本語であろうが、何語であろうが、「会話」は、意見のやり取りや調整、感情のキャッチボールを行うものです。

英語はただの「ツール」でしかありません。

 

そして、グローバル化の進展で、私たち日本人に求められているのは、英語環境になじむことでも、欧米の文化を取り入れることでもありません。

 

近年、アニメや和食が大きなブームになっています。

パリを始め各地でJapan Expoが開催され、コスプレイベントも花を咲かせます。

忍者モノも熱狂的なファンが多く、相変わらずの人気です。

海外の和食レストラン数は、2005年が2万店舗とその前の10年間で2倍以上に、そして5年後の2010年には、1.5倍の3万店舗に、さらに2015年7月時点では、8万9千店と2010年の約3倍と急拡大しています。

つまり、20年間で約9倍に伸長したということになります。

この勢いを見れば、無形文化遺産登録もうなずけます。

 

今後ますます日本人が海外に出て行く機会は増えるでしょう。

そして、私たち日本人が世界から求められていることは、

日本的なもののとらえ方・考え方・取り組み方や、和の文化を、英語というツールに載せて、主張したり、発信したりすることではないかと思うのです。

コメントは受け付けていません。