【5】 最後に(まとめ) その12

今、業界ではローエンドからハイエンドまで、ラインナップが揃いつつあります。
あなたがテニススクールに入ったと仮定しまして、ただ楽しくテニスがしたいというのであれば、学生アルバイトのコーチばかりのスクールでもいいと思います。
より上達にフォーカスしたいというのであれば、受講料が高くても経験を積んだ優秀なコーチがいるスクールを選択する方がいいかも知れません。

選択の基準は、個人ごとに違いますので、ローエンドを選択される方もいれば、ハイエンドを選ばれる方もいらっしゃいます。
そういった意味では、比較サイトやレビューを見ても、あくまでそれは他人のモノサシで書かれたものですので、あなたのポイントとは合わない可能性はあります。
ですので、複数トライアルレッスンを受けて、ご自身で判断すればいいのではないかと思います。

「実践的な英会話の練習」・・・これが決めてであることは疑いようがなく、その効果が一般的に認知されれば、お客様の数は飛躍的に増えるでしょうから、私どもも目の前のことだけにとらわれて他社のことをどうのこうのと言ったりはしません。

コメントは受け付けていません。