(11) 実践練習の機会を得る方法 その2

あなたがもし、Facebookをお使いなら、それを活用して会話の相手を探すという手もあります。
最初に、数名の外国人の「友だち」をつくることに成功すれば、後は芋づる式に「友だち」を増やしていくことができます。
そうしておいて、「日本語を無料で教えます」とプロフィール等でアピールすれば、「友だち」の誰かから連絡が来る可能性があります。
日本語を学びたい人は、世界中にいるからです。
連絡が来れば、日程調整をして、Skypeを使用し、1対1で日本語を教えてあげます。
進行や説明をすべて英語で行えば、結果として、英語でやり取りをする機会を得ることができます。
この方法は、日本語学習のための素材等の準備や、レッスンプランの作成が必要となりますが、無料で手に入る教材もいくつかあります。
私のスクールで、講師たちの日本語教育に使用している教材を以下にご紹介します。
他にも見つかると思いますので、探してみてはいかがでしょうか?

オンライン日本語学習(U-Biq)
神戸国際コミュニティセンター
国際研修協力機構(JITCO) ※要会員登録

あと、私のところの手作り教材のサンプルを以下にアップロードしていますので、参考にしてオリジナルの教材をつくってみるのもいいかも知れません。
リアル英会話 日本語教材サンプル

コメントは受け付けていません。