(3) サラリーマン時代 ~ 数々の挑戦、そして挫折 ~ その2

さらに、多くの人が勧めていたので、字幕なしの洋画もさんざん見ました。

レンタルビデオを借りたり、レーザーディスクという装置(絶滅?)が出たので、さっそく家にミニシアターを設置したりして、時間があれば観ていました。

たしかに何度もみていると、映像の助けがあるので、解った気になります。

ですが、はっきり言います。何の効果もありません。

私の経験上、リスニング力も向上することはありません。

「聴くだけ教材」と同じで、時間のムダです。

「英語力」は強化できたとしても、「英会話力」にはつながりませんし、「ヒアリング力」もつきません。(理由は後述します。)

ムダだとは思いますが、もしあなたが洋画鑑賞で英語力強化にチャレンジしたいとお思いでしたら、ソースネクストから出ている「超字幕」シリーズをお薦めします。

超字幕

 

普通にDVDを鑑賞するよりは、ずっとましだと思います。

英語のレベル別にカテゴライズされているので、選択する際に参考にすることが出来ます。

好きなシーンで停止させ、右側に流れるように表示される字幕を見ながら会話単位で前後に早送り/巻き戻しができます。

聞き逃しても、すぐに任意のシーンまで戻ることが出来ます。

映画1本3,500円ほどしますが、年3,000円ほど支払って「超割会員」になっておけば、すべて半額になります。

また、ときどき1本1,000円とか500円になるキャンペーンの案内が送られてきますので、そのような機会にまとめ買いをしておけばコストを下げることができますよ。

コメントは受け付けていません。