【2】 迷走した私の英語チャレンジ

本題の前に、私の英語取り組みの「歴史」を語らせて下さい。

「他人のことはどうでもよいから早く本題を語れ」とおっしゃる方は、この章は読み飛ばしていただいても結構です。

ただ、「反面教師」とか、「人の振り見て我が振り直せ」とかいうような言葉があります。

※「他人の不幸や失敗は美味しい」と言う人もいますよね! (^^)

他人の失敗談は成功談以上に参考になることもありますので、そういった意味で、恥を忍んで披露させていただきます。

 

 この冊子に書かれていることは、100%真実であり、1ミリの嘘も含まれていません。私の命を賭けて、真実のみを、そして私の英語人生のすべてを、ここに書き記すことを誓います。

コメントは受け付けていません。